sunnyside

toggle

SUNNYSIDE STORY

問うこと

2018.04.10

上手くいかない時、

困難にぶち当たった時には、

もう一度、自分たちの軸を見直したり、時には立て直す必要があります。

「僕たちはなにであり、どのようにあるべきか?」

と問うことです。

けれど、上手くいっているときにも、それは考えるべきだと思います。

人間が作ったものなので、会社、経営にも必ずリズムというものがあります。

上がるときもあれば、下がるときもある。

上がっているときにこそ、あえてその問いを自問することにより、錯覚や慢心を無くし、どんな時も自分の責任を果たし続けることが出来ると思います。

今、自分に見えている景色が全てじゃない。

見えてないものは必ずある。

あえて、そこに意識を向ける。

そんな所にこそ宝物ってあるんよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA