sunnyside

toggle

SUNNYSIDE STORY

若者たち

2018.04.11

先日、地元経済新聞紙の方から取材を受けました。

僕は人に思いを伝えるのが苦手で、こういった取材のときは、ついつい

「僕の話、意味わかりますか?」

なんて聞いてしまいます。

※※※

さて、そんな中

「どんな学生だったのか?」と、わりとプライベートなことを聞かれましたので、正直に答えました。

「学生の頃は社会に出て、やりたいことなんかなかった。とにかく社会に出たくなかったから、大学へ行ってモラトリアムな時間を稼いだ。」

「受験競争なんかバカらしい。と思ったから試験しなくてもよかった大学へ行った。」

と話したら、記事には

「面倒なことは避けたい、楽なことをしたいという若者だった」

と書かれていた。

うん、これも確かにそうかも。

と思ったので、そのまま投稿することに。

けど、まぁ本当のことを言うと、

「この社会に自分の居場所なんかない」

と思ってたというのが正解。

当時は夢を聞かれるのが堪らなく嫌だった。

けど、若者が悩むことって、きっとみんなよく似てるんじゃないのかな~と思います。

だから、自分の居場所や、やるべき使命が見つかった人はラッキーです。

それがいつ、どんな形で、どのタイミングでわかるかはわからないけど、

心配しなくても、生きていれば必ずそれはやってくる

辛いことも多いけど、人生そんなに捨てたもんじゃない

焦らず、ゆっくりやればいいさ。

以上のことを含んで、19日にアップする記事をお読みください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA