sunnyside

toggle

SUNNYSIDE STORY

自由

2018.10.08

次の春からプログラミング教室や農業などの事業を本格的にやっていこうと思います。

これで、清掃、障害者就労支援事業、農業、飲食、ゲストハウス、教育の6事業となります。

僕はサニーサイドというひとつの会社の中にいくつもの事業を抱えたいと思っています。

これは雇用の幅を拡げるという目的もありますし、不確定な未来へのリスクヘッジ的な意味合いもありますし、仕事内容や人間関係の合う合わないは付き物ですので、選択肢は多いほうが良い。

人間にかぶせて考えてみても同じで、誰しもの中にはいくつもの自分があって、そのときに合わせて無意識に使い分けています。
例えば、仕事では厳しい人でも、恋人にあうと優しかったりする。なぜか親にはつめたくても祖父母といるときは普段見せないくらいの優しさを見せたり。

それは嘘や多重人格とかじゃなく、どれも本当の人格だと思うし、みんないくつもの自分を内在させ、相手に応じて使い分けている。
そうやって自分をいくつも内在させることで、どれかで大きなストレスを受けた場合の癒し・逃げ場=リスクヘッジになる。

そんなふうに多くの自分をもっている方がこころのバランスをとりやすいんだと思うし、会社も同じでそんなほうが自然な気がする。

今の社会も人も多様になってきています。
これからもっとそうなると思うし、僕もたったひとつの人生のなかでいろんな自分を生きてみたい。
何か一つのものであるべきだなんていう固定概念を取っ払い、こころの自由をもっていたい。
そしたらきっと、、いつか見たことのない素敵な景色が見れる気がします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA