sunnyside

toggle

SUNNYSIDE STORY

信じること

2017.06.21

ちょうど、半月程前のこと。

サニーサイドストーリーを読み、是非話しを聞きたいというメールを頂いた。
ちょうど近くの方でしたので、お店にお伺いした。
一通り話しをしたあと、彼の思考の役に立ててもらえるようにと、映画「パッチアダムス」のシーンで遠回しのアドバイスをしていたが、
もう少し丁寧で分かりやすくしたほうがよいと思い直し、ここに再投稿することにした。
(バカで忘れっぽい自分の備忘録も兼ねて)
***
彼は僕と同年代の飲食店経営者。
彼から送られてきたメールを読み、
スタッフとの関係で悩んでいること、「やるべきこと」と「やりたいこと」の優先順位ができていないということが感じられました。
直接会って話しを聞いてみると、
簡単に手に入る情報(他人の意見、他社の取り組み、ネット情報、本に溢れるハウツー)に惑わされすぎていると思いました。
それらの中から、
「こうすれば良くなるはずはずだ!」的な情報を取り出し、
現場に落としこむけれど、ほとんどは上手くいかず、逆に現場との溝が出来てしまう。
目の前の問題や情報にとらわれるのではなく、一度足元を見て、本質的な問題は何か?を把握してから対処するべき。
そして、一番大切なことは、
「今の自分を大肯定すること。
今を肯定できれば、つらい過去も必要だったと肯定できる。
そして、それはきっと未来につながる。」
「目の前のお客様を大切にし、目の前の仲間を信じてがんばっていけば大丈夫。まだまだ行ける」
そう信じることだと伝えました。
***
あれからしばらく経ちました。
お互い進む道は違いますが、同じ経営者として、ともに夢や悩みを語り合った時間は、僕にとっても有意義な時間でした。
こうして書いている間にも、一生懸命に頑張ってるんだろうなぁと思うと、気持ちがほっこりします。
ついでに、多田さんはおせっかいだなぁと笑ってくれれば本望です(笑)
またいつか会えたときは、お互いの長い長い自慢話に、お互いうんざりしましょう(笑)
苦労の山も、いつの日か宝の山になるでしょう(笑)
いつかそんな日が来ることを楽しみにしています。
約束は守ります🍀
お互い元気でがんばろう
ありがとう
***

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA