sunnyside

toggle

SUNNYSIDE STORY

誰かの人生に種を蒔く

2019.05.21

今日は丸亀市役所の方たちと1時間くらい未来について話をする機会がありました。

その中で、

「あと10年もしたら僕はいないだろうから、その時に仲間たちが困らないよう、生きるちからをつけてもらいたい。

だから今、厳しさと優しさをもって教育しています。」

って言ったら、

「そんなこと普段から考えてるの?」

と驚かれました。

いやいや、今しか考えてない経営者いないですよ。

自分が「終わる」ことなんて当たり前なんだから。

どんなに楽しいこともずっと続くことはないし、どんなに愛していても何らかの形で別れは来るものだ。

だから自分に「終わり」があるのをきちんと認めたうえで、その後でもこのサニーサイドが少しでも長く誰かの心に残る、社会の役に立つ会社であり続けれるようにと頑張っています。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA