sunnyside

toggle

SUNNYSIDE STORY

MIMOCAのあり方

2019.06.20

猪熊弦一郎の言葉を理解できてる人は少ないと思った。

 

ーーーーー

そしてMIMOCAは1991年11月23日に開館しました。

前日の落成式後のインタビューで「この美術館をどんな美術館にしたいですか?」と聞かれ、猪熊は次のように答えました。

もう誰にでもしたしまれるね、みんながここへ来て遊んでもらって。それで新しい美っていうものがどういうものか、だんだんわかっていただくようなね、そういう美術館になりたいと思う。

これはもう、美術館っていうのは、だいたい襟を正してね行くようなもんだと思ってて。そうじゃなくて、気楽に来て。ここにはコーヒーもありますよ。サンドイッチも食べられるようになってますし。休むいいソファもみんな置いてあるから。そこでね、ゆっくりして、リラックスして。自分の悩みを何もここで流してしまったらいいんですよ。

だから、美術館ていうのは、むかしで言えば、まちにある教会のやくめ。心の病院。心の悩みををみんなここで治してください。そういうことです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA