sunnyside

toggle

SUNNYSIDE STORY

「聞く」ことは「敬う」こと

2019.10.13

僕の友人でとても「話し上手」な人がいます。

いつも名人芸みたいだなぁ、と思いながら楽しく話を聞いています。

そんな彼の「話し上手」の秘訣は何かな?

と考えてみていたら、少しわかった気がしました。

彼ね、とっても「聞き上手」なんです。

誰でもしっかりと話を聞いてもらえることほど嬉しいことはない。聞かれることで相手はこころを開いていく。

だから彼はまず雑談から入り、とにかく真摯にそれを「聞く」ということをもって、相手への「人間的関心」と「敬意」を示す。

そうしたうえで、些細な質問を織り交ぜ、またそれにひたすら耳を傾けつつ、話を掘り下げ、展開させていく。

その中で相手が「何を言っているか」と同時に「何を言っていないか」にまで思いを寄せている。

こうやって考えてみると、彼の「聞く」という行為がとてもクリエイティブなものであり、それは彼の素晴らしい「才能」であることがわかる。

*****

わかっていても中々できないことなんです・・・

特に僕は。

そこは逆立ちしてもなおらないし、もしなおったとしても彼には到底及ばないので、周りに害のない程度にまで矯正したら、その役は彼に任すこととする(笑)

*****

きちんと聞けない人がきちんと話せることはない

大切な情報ほど人と人とのさりげない会話の中にある

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA