sunnyside

toggle

SUNNYSIDE STORY

未来への決断

2018.02.08
ドラッカーのコラムより抜粋しました。
変化に自らの強みをマッチさせればチャンスになる
「すでに起こっている未来は何か?との問いに対する答えが、企業や産業にとっての可能性を明らかにする。しかし、その可能性を現実へと転化するには、自らの強みを、そこにマッチさせることができなければならない」
 したがってまず、わが社が強みとするものは何か、うまくやっているものは何か、うまくやれるものは何か、いかなる強みが競争力につながっているかを知らなければならない。
 しかも、強みを知ることは、既存の強みをいかなる分野で増強すべきかを教えるとともに、新しい強みをいかなる分野で獲得すべきかを教えてくれる。そのために今日何をなしうるか、何をなすべきか。
 ドラッカーは、すでに生じた変化に対し、自らの持つ強みをマッチさせることが、戦略計画だという。それこそが、不確実性時代のプランニングである。
そのとき初めて、変化が脅威ではなく、機会となる。予期せぬものを自らの優位性に転換することが可能となる。
 ただし、一つだけ条件がある。機会が訪れたときに応え切れるだけの知識と人材を、常日頃より培っておかなければならない。すなわち、未来のための予算を持たなければならない。ドラッカーは、それが研究開発予算であり、人材育成予算であるという。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA