sunnyside

toggle

SUNNYSIDE STORY

島根に届くかな

2017.03.11

彼女は遥々徳島県から通勤してくれていました。

いつも優しく、明るく働いてくれ、社員の堀川君の心の支えでした。

こちらこそ感謝しております。

このたび、夫婦の夢をかなえるために4年間島根県へ修業に行くことになりました。

自分の人生です。

自分の生きたいように生きてください。

そしてまた4年後帰ってきたときは、あなたたちの夢に僕もまぜてください。

自分で言っちゃなんですが、きっとお役に立つと思います。

それまで、しばしのお別れです。

お互い元気にやりましょう。

では、またね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA