sunnyside

toggle

SUNNYSIDE STORY

あなたへの恋文

2016.01.12
“風変わりな人間”
自分のことを説明するときはこの言葉を使っている。
これは、僕が子供のころから言われていたこと。
いまいち何を指しているかがよく分からない言葉。
けど、わりと気に入っている。
何かミステリアスなイメージがあって悪くない。
もっといえば、人見知りで、いつも言葉が足りなくて、
後悔しても、やせ我慢を言う・・・
などなど色々あるんですが。。
サニーサイドを説明するときもやっぱり同じ。
“風変わりな会社”
これを言われた側はいまいち理解できない顔をしているが、
これ以上のボキャブラリーがないのだから仕方がない。
当然、その他の概要を縷々説明はしますが、
一言でいえば、やっぱりこの言葉が良く似合うと思う。
けど、前に書いたように僕は言葉が足りないので、
お互いもどかしくなって、「一度来て現場をみてください」っていうことになる。
けど、実際に現場で感じてみないとわからないことは多くある。
「風変わり」という言葉で伝えたいのは、
サニーサイド独自の
「空気感」
社員一人ひとりの輝くところにスポットをあて、短所は個性だと笑いとばす、、、
なんだかんだ言って、寛容さにあふれた空気感。
それは、会社を構成している社員一人ひとりが互いに作用しあいながら出来ているのだけど、
そのベースには
「個性が共生し、調和が発展を生む」
っていう理念があって、それを軸に会社はまわっている。
理念??
こんな肩の凝ることを社員一人ひとりが意識しているわけではないが、確実にそうなっているのだから仕方がない。
サニーサイドは何を、どのようにしているか?は表面の部分の話であって、とくに重きを置いていません。
現に、清掃の仕事をしつつ、うどんやをやり、次は農業をやろうとしている。その次は福岡で宿をやるかも・・・
この理念が包容する「空気感」があれば、なんとなくだが、不思議とうまくいく気がするのである。
会社として、きちんと結果を残しているのが大前提ではあるが、
もし今の感じでうまくいけるようであれば、様々な業界が抱える課題の解決策の一つになりえるのではないかと、自分勝手に思っている。
もし、僕の言葉不足の説明に納得がいかない方、また興味を持たれたという奇特な方は、
是非会社に連絡の上、訪問ください。
おもしろそうだと思ったなら、
一緒にやりません?仕事。
たぶん、おもしろいと思うよ。。
※ブログなどでうまく人間性を伝えることが出来る人は尊敬します。
そんなステキな女性がそばにいてくれたらなって思う。
僕の奥さんとして採用させていただきますので、こっそり連絡ください。
多田周平

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA