sunnyside

toggle

SUNNYSIDE STORY

京都

2019.08.26

ひとり京都も明日で終わり。

天気も良かったし、教えてもらった場所にも行けた。僕の願いは叶えてくれるかな。

というわけで、

「地蔵とリビドー」はやっぱり良かった。

何も強制されず、否定もされない、その人のこころにすべてを委ねる環境。

そこから何が生みだされるのか?

本来のアートとは?

そもそも今のアートのあり方はアートなのか?

それを肯定するなら、どうコントロールするか?

などなど考えるところ多かった。

いずれにしろ将来やってみたいことのイメージはついた。これをどうやって自分のなかで消化できるかだ。

多様な人が互いを認めあいちからを合わす。そのひとつの手段として可能性を感じた。

年月はかかるがいつか形にしてみたい。

 

 

京都のホテルはセンスいい。いたるところに作品がある。良い意味で隙があって居心地が良い。

これは新築ではこれはむずい。

ガチガチに固めすぎると僕はしんどくなるので、リノベーションの良さがよくわかる。

またチャレンジしてみたくなるな。

あと、たくさんのメッセージありがとうございました。特にあさみなさん、いつもありがとうございます。いつも素直で自然体で、とてもすばらしいと思います。

これからもよろしくお願いします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA