sunnyside

toggle

SUNNYSIDE STORY

微生物と共生する土づくり

2020.05.27

私たち人間社会のように、生物界でもお互いを活かし合う仕組みがあります。そんな仕組みを見えないところで支えているのが微生物たち。彼らも私たちと同じ生物ですから、ご飯を食べます。この行為を「分解」と呼び、人間に有益なものを放出する場合を「発酵」、逆に有害なものを放出する場合を「腐敗」と呼んでいます。同じ行為ですが、人間都合で呼び名が変わります。面白いですよね。

私たち人間は発酵型の食べ物が大好きです。美味しいと感じます。反対に、腐敗型のものは口に、いや、身体に合いません。だから私たちは、発酵型の微生物たちと一緒に、発酵型の作物をつくることにしました。彼らと発酵型の作物は、共生します。お互いを上手に活かし合い、共に育ってくれるのです。つまり、微生物が元気に育つ土づくりをすると、彼らが美味しい作物をつくってくれる。

実はこれ、自然界では当たり前のことなんです。いくつもの生物が共生し合ううちに、自然と美味しい作物が出来る。私たち人間もそうした共生・循環の一部なんだと思います。だから、農薬や化学肥料など、自然の循環に必要ないものは使わない。代わりに、微生物と仲良く付き合うための土づくりには手間を惜しまない。お互いを活かし合う仕組みをつくる。このことに丁寧に、そして真剣に向き合っています。

\サニーサイドファームの野菜、ここで買えます/

オンラインのファーマーズマーケット「食べチョク」にて、販売をスタートしました。数に限りがございますので、お買い求めの方は早めにご確認ください。

(食べチョク:https://www.tabechoku.com) ※画像クリック出来ます

\サニーサイドファームパンフレットが出来ました/

3つの約束やこだわりの生産方法、お問い合わせ先など、こちらでもご覧いただけます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA